スキューバ・ダイビングの遊び方!!水中カメラは何を使ってますか?

一眼レフカメラ

スキューバ・ダイビングやっていて、水中写真に興味がある人。

こんな疑問を持っている人向け
水中写真をやっている人たちはどんなカメラ使っているの?
こんな人の疑問に答えます。

書いている人

PADIでCカードを取得して、ダイビングを10年ほど続けています。10年の間に、DiveMasterというプロ資格も取得しました。
ダイビングに関する情報が意外と少ないので、このブログを始めてみました。詳細はこちらです

水中カメラの基本セット

水中カメラも陸上で使用する普通のカメラってこと知ってましたか?

自分は知りませんでした。ダイビングを始める前のイメージはとにかくデカイカメラってイメージです。

水中カメラは、陸上で使う普通のカメラ、コンパクトデジカメだったり、一眼レフカメラだったりします。
それに、ハウジングと言って、水中に持っていけるようにするケースがあるんですが、これがセットになっています。

普通のカメラを完全防水のケースに入れて、水中に持っていくイメージです。

このハウジングというケースの凄いところは、ケースの外からボタンを押せるようになっているんですね。カメラの電源をオン/オフも操作できるし、モードの切り替えも出来ます。

水中カメラって言っても、特別なカメラではなく、普通のカメラにハウジングをつけてやると、水中カメラに化けると思ってください。

カメラの種類

で、結局、どんなカメラ使っているの?ってことが気になりますよね。これからご紹介します。

コンパクトデジタルカメラ

よくあるコンパクトデジタルカメラです。たぶん、一家に一台は持っているのではないでしょうか。

自分の周りでは、このタイプのカメラを水中カメラとして使用している人が多いですね。

ハウジングも数万円から手に入るので一番チャレンジしやすいですね。自分が持っているのもこのタイプです。

オススメはこちら

自分が使っているのが、このカメラですね。地上でも普通に使えるし、水中でも十分キレイな写真撮れます。

ミラーレス一眼

コンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフのいいとこ取りをしたような機能満載のカメラ。コンパクトながら高画質な写真や動画が撮影できます。
自分の周りにはあんまりこのタイプを持っている人がいないです。

デジタル一眼レフと比べるとカメラ本体のサイズが小さいのでハウジングに入れてもかさばらないのが売りの一つでしょうか

デジタル一眼レフカメラ

プロ仕様のデジタル一眼レフカメラ。当然、多くの機能を持っていて使いこなせばプロ並みの写真が取れるのでしょう。

自分の周りでは、カメラ好きのインストラクターさんが持っていたり、カメラ好きのダイバーさんが持っていたりしますね。

ただ、カメラ自体が大きく、それを入れるハウジングも大きく、重くなるので海に持っていくだけで疲れちゃいそうです。また、お金もかかります。カメラ好きの友人は、100万ぐらいかけてますね。

ハウジングはAmazonで取り扱っていないみたいですね。検索してもHitしない・・・

まとめ

水中カメラに関する基礎知識編でした。

カメラとそれに合わせたハウジングを買えば、誰でも水中写真を楽しむことができます。

ただ、カメラはピンキリです。上を見ればいくらでもいいカメラがあるのでお金と相談したら、お世話になっているダイビングショップに相談して始めるのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です